読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猟奇的ゆとり虚言癖

正直者の僕の日常の日記

「ワンピースを読んで」

 

 

5年1組        中之島 英行

 

 

僕は夏休みを有効活用して読書をしました


なぜなら先生に
「読書感想文を書いてこい」
と、なぜか命令口調で言われたからです
ほんとに謎です


店員さんがお客さんに命令口調を使うでしょうか?
見たことがありません


僕たち生徒はお客さんです
なぜなら僕たちがいないと、先生たちはお給料がもらえず、
ろとうに迷うからです


直接、僕たちが先生にお金を払ってはいません
でも、僕が大人になったら税を払います
未来のお客さんである僕に失礼だと思います
車屋さんも車を買うかもしれないお客さんに対して丁寧に接すると思います

ですから先生も税を払うかもしれない僕に対して丁寧に接するべきです

丁寧に接することができないのなら、ろとうに迷うべきです
生徒がいるから教師という職業があると思います
僕たち生徒がいないと先生たちは、
ろとうに迷います

仮に僕が怒って学校に行かなくて、
それがきっかけでみんな行かなかったらどうなるでしょう
学校は必要なくなり先生たちは、
ろとうに迷います

 

 

先生はすぐ、ろとうに迷います

 


そんな時、絶対に必要なのが航海士です
正確な道しるべを指し示してくれる航海士が、
ろとうに迷いやすい先生には絶対に必要です

それでも万が一、迷ってしまってもコックがいれば安心です
それに医者、その地の歴史を紐解いてくれる学者
それに航海に使う船を直してくれる船大工
音楽家もいたら楽しいと思います


つまり仲間がいれば、
ろとうに迷いやすい先生でも大冒険ができるのです


それを「ワンピース」が教えてくれました

 

仮に僕が先生に反発して学校に行かなかったら将来、
ろとうに迷うのは僕の方です

 

 

僕は、ろとうに迷いやすいです

 


そんな時、絶対に必要なのが航海士です
正確な道しるべを指し示してくれる航海士が、
ろとうに迷いやすい僕には絶対に必要です

それでも万が一、迷ってしまってもコックがいれば安心です
それに医者、その地の歴史を紐解いてくれる学者
それに航海に使う船を直してくれる船大工
音楽家もいたら楽しいと思います


つまり仲間がいれば、
ろとうに迷いやすい僕でも大冒険ができるのです

 


人生という大冒険ができるのです