猟奇的ゆとり虚言癖

正直者の僕の日常の日記

2月26日AM12:00頃

昼ご飯に、彼女がハンバーグを作ってくれるようだ。
しかし、卵がないと喚きだした。
喚くだけならまだしも、横目でチラチラとこちらを見てくるではないか。
それが数分間続き耐えられなくなった私はついに重い腰をあげる。

「卵、買ってきてほしいの?」
「うん、あと私の生理用パンツもお願い」

(生理用パンツ?!)

「お願いね」
「...はい」

やむを得ず近くのスーパーに出かけるしかなくなった。
家から近くのスーパーは洋服屋さんが隣にあって例のブツ(生理用パンツ)も手に入れられる。
先に嫌なものから処理しようと洋服屋に入るものの生理用パンツがどこにあるのかわからない。
女性用の下着コーナーをしばらくウロウロして店員に奇怪な目で見られながらようやく、生理用パンツの陳列棚を見つけることができた。

やっと見つけた...いや、ここからが本番だ。
この中から彼女のお眼鏡に叶うブツを選ばなくてはならない。
できるだけ可愛らしいものはどれなのか。
そもそも生理用パンツというものに可愛さを求めるべきなのか。
わからない、全くわからない。
私は熟考に熟考を重ね、ある結論に達する。
あまりに可愛すぎるのもダメ、かといってあまりにババくさくなるのもダメだ。
ならば無難にグレーの綿素材、これだ。
私は、一筋の光が照らしているかに思えるグレーの綿素材であしらわれた生理用パンツを手にする。
それを強く握りしめ、レジへと向かった。
行く先が希望だと信じて。

レジは混んでいた。

並んでいる間、例のブツを握りしめひたすら恥辱に耐えるしかない。
そう、これは試練だ。
試練の先に幸福なる未来が待っている、そう信じるしかなかった。
恥辱を耐え、ようやくレジを済ませた私は刹那の如く帰宅した。

「買ってきたよ生理用パンツ」
「卵は?」