読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猟奇的ゆとり虚言癖

正直者の僕の日常の日記

何もやりたくない、何かはしたい、つまらない

なんだかなー、なんだかなー




今、そんな気分




なんかしたい、面白い事したい。




面白い事見当たらない。




そんな感じ




そんな時にオススメするのが




「他人になりきりごっこ」




まず、深夜のファミレスに出向く





その時、いつもは絶対しないファッションと動作で入店する




今日の僕はオールバック、

深夜なのに目が見えない真っ黒サングラス




ここまでは、ただのタモリ




これにびっくりするくらい大きいパーカーと膝下丈のブカブカパンツをコーディネート



さらに首にはヘッドホンを添えるというあからさまラッパースタイル




よし、見た目は完璧




家から少し離れた24時間営業のジョイフルに出陣する




店に入る前から戦は始まっている




まずは背筋をこれでもかと伸ばし靴を引きずらないよう、静かに歩く




ダボダボのズボンがスサッ、スサッ、と擦れる




ジョイフルの出入り口のドアの前、90度の角度で一度お辞儀をする




この時、3秒間息を止める




お辞儀をしたら静かに、かといって暗い印象にならないように

「失礼します」

とお声がけをする




そして、いざ入店




深夜のファミレスは店員がなかなか来ない時があるが、来るまで絶対に待つ




無言で




この時、店員がこちらをチラ見して案内には来ないパターンがあるが、

深夜なので勝手に座って欲しいという店員側の思惑を察し

「お邪魔してもよろしいでしょうか」

と失礼にならない程度に微笑みかける



許可が下りれば、なるべく下座を選んで座ろう




邪魔するなら帰れと厳しいお言葉を頂いた場合は、

「これは失礼致しました。できる限りお仕事のお邪魔はせぬよう努力しますのでご容赦頂けませんか」

と食い下がる姿勢を見せましょう




これでダメだった場合は素直に帰りましょう




さて、許可を得て下座に腰を下ろすところまできたとします




まず、幕の内朝食を注文しましょう




幕の内朝食はモーニングメニューにありますが、実はいつでも頼めてバランス良いおかずにご飯、味噌汁、漬物、さらにドリンクバーもついて530円(税込)という破格の値段で提供して頂けます

※僕の地元のジョイフルでの価格です




いや、俺は洋食がいいという方には、モーニングエッグプレートがオススメです

モーニングエッグプレートはその名の通り目玉焼きがメインのプレートですがベーコンとソーセージ、サラダ、パン、さらにドリンクバーがついて422円(税込)という破格の値段での提供です

※僕の地元のジョイフルでの価格です




どちらもとってもリーズナブルで美味しいので是非ジョイフルにご来店ください




さて、注文をするためにボタンが設置されています




このボタンは、心が汚いと音が鳴らないという筋斗雲仕様となっておりますので、欲、雑念を捨てる必要があります




そこで、の心得を習得するために三年は修行して下さい




俗物である己の糞にまみれた心を洗い流す為に絶対に三年は修行してください




三年間、真夏の砂利の上で瞑想、真冬の滝での瞑想、春に桜が舞う中で瞑想、秋は紅葉観賞と厳しい修行を終えたらボタンを押しましょう




店員が来るので先ほどのモーニングメニューを頼みましょう



しかし、三年間の修行を終えたあなたなら、きっと相手の心に訴えかけるだけで通じるはずです




念じましょう




(モーニングメニューの幕の内朝食を一膳頂きたく存じます)




そう念じましょう




きっと伝わります




お店に入った時は無愛想だと思っていた店員と心を通わせることができます




心を通わせたなら、わかるでしょう




店員の苦悩や境遇、それに慈しむ心を持っているということ




人は一人では生きていけない




それは慈しむ心があるから




その心を大事にして、自分を信じて人と生きる




これが




「他人になりきりごっこ」




僕はやったことないですけど