猟奇的ゆとり虚言癖

正直者の僕の日常の日記

何もやりたくない、何かはしたい、つまらない

なんだかなー、なんだかなー




今、そんな気分




なんかしたい、面白い事したい。




面白い事見当たらない。




そんな感じ




そんな時にオススメするのが




「他人になりきりごっこ」




まず、深夜のファミレスに出向く





その時、いつもは絶対しないファッションと動作で入店する




今日の僕はオールバック、

深夜なのに目が見えない真っ黒サングラス




ここまでは、ただのタモリ




これにびっくりするくらい大きいパーカーと膝下丈のブカブカパンツをコーディネート



さらに首にはヘッドホンを添えるというあからさまラッパースタイル




よし、見た目は完璧




家から少し離れた24時間営業のジョイフルに出陣する




店に入る前から戦は始まっている




まずは背筋をこれでもかと伸ばし靴を引きずらないよう、静かに歩く




ダボダボのズボンがスサッ、スサッ、と擦れる




ジョイフルの出入り口のドアの前、90度の角度で一度お辞儀をする




この時、3秒間息を止める




お辞儀をしたら静かに、かといって暗い印象にならないように

「失礼します」

とお声がけをする




そして、いざ入店




深夜のファミレスは店員がなかなか来ない時があるが、来るまで絶対に待つ




無言で




この時、店員がこちらをチラ見して案内には来ないパターンがあるが、

深夜なので勝手に座って欲しいという店員側の思惑を察し

「お邪魔してもよろしいでしょうか」

と失礼にならない程度に微笑みかける



許可が下りれば、なるべく下座を選んで座ろう




邪魔するなら帰れと厳しいお言葉を頂いた場合は、

「これは失礼致しました。できる限りお仕事のお邪魔はせぬよう努力しますのでご容赦頂けませんか」

と食い下がる姿勢を見せましょう




これでダメだった場合は素直に帰りましょう




さて、許可を得て下座に腰を下ろすところまできたとします




まず、幕の内朝食を注文しましょう




幕の内朝食はモーニングメニューにありますが、実はいつでも頼めてバランス良いおかずにご飯、味噌汁、漬物、さらにドリンクバーもついて530円(税込)という破格の値段で提供して頂けます

※僕の地元のジョイフルでの価格です




いや、俺は洋食がいいという方には、モーニングエッグプレートがオススメです

モーニングエッグプレートはその名の通り目玉焼きがメインのプレートですがベーコンとソーセージ、サラダ、パン、さらにドリンクバーがついて422円(税込)という破格の値段での提供です

※僕の地元のジョイフルでの価格です




どちらもとってもリーズナブルで美味しいので是非ジョイフルにご来店ください




さて、注文をするためにボタンが設置されています




このボタンは、心が汚いと音が鳴らないという筋斗雲仕様となっておりますので、欲、雑念を捨てる必要があります




そこで、の心得を習得するために三年は修行して下さい




俗物である己の糞にまみれた心を洗い流す為に絶対に三年は修行してください




三年間、真夏の砂利の上で瞑想、真冬の滝での瞑想、春に桜が舞う中で瞑想、秋は紅葉観賞と厳しい修行を終えたらボタンを押しましょう




店員が来るので先ほどのモーニングメニューを頼みましょう



しかし、三年間の修行を終えたあなたなら、きっと相手の心に訴えかけるだけで通じるはずです




念じましょう




(モーニングメニューの幕の内朝食を一膳頂きたく存じます)




そう念じましょう




きっと伝わります




お店に入った時は無愛想だと思っていた店員と心を通わせることができます




心を通わせたなら、わかるでしょう




店員の苦悩や境遇、それに慈しむ心を持っているということ




人は一人では生きていけない




それは慈しむ心があるから




その心を大事にして、自分を信じて人と生きる




これが




「他人になりきりごっこ」




僕はやったことないですけど






自己精神革命してますか?

 

自分の絶対的な信頼を寄せる価値観
これが何かのきっかけで崩壊する事を、私は革命と呼んでいる



革命が起きたとき困惑するか、狼狽するか、カルタシスを得るか、はたまた狂気と化すかはその人次第だ



私が小5のとき、
それまで完全にイケメンだと自負していた我が顔面
ふと鏡を見た瞬間に革命が起きた

 

 

ブサ・・・メン・・・

 

 

それまでイケメンだから許される振る舞いを通してきた私にとって、それはあまりにも残酷な仕打ちだった



 

必死になる姿がカッコ悪いと思い、秀でてもないのに全力を出さなかったり



あえて1人になりたい雰囲気を醸し出したり



格好を気にしないのが逆にかっこいいと思い、ボサボサの寝癖だらけで登校したり




これらの行為は全てイケメンを前提としたキャラ付けであり、イケメンではないと知った今や全てが崩壊した





さらに残酷なことにその数日後
イケメンではないものの、隠れた能力を持っているであろう私が、特に何もない普通の人間あるという革命が起きる



これはイケメンから関連づけられた価値観であり、
イケメン→主人公→最初は弱いけど何かがきっかけで覚醒
という厨二まるだしの絶対的固定概念であった




この革命により人気者グループに所属しているリア充どもを
「ただのモブが」
と蔑むことが出来なくなり、
むしろ俺がモブなんじゃ・・・という思いに苛まれることになる





不幸の連鎖はこれでは終わらない
革命とは時に確変に入るのである




そのさらに数日後
いずれは神になると思われた私が、特にそのような事は今後あり得ないという革命が起きる




これは何となく今まで思い込み続けてきた極地的慢心によって生み出された精神の怪物である




この怪物のせいで、知能や肉体などは神になる過程で無に帰し、全知全能と森羅万象が手に入ると思っていたため全く勉強も運動もしてこなかった事が重しとなって私を襲うことになる




ここまでくると、いつ廃人になってもおかしくない精神状態に追い詰められていたが、この連鎖革命が起きた後も“謎の自信”だけは持ち続けていたため特に何事もなく学校生活を送る事ができた




このように私は革命によって命を脅かされる事になったが、革命がなければ本当に死んでいた
というかすでに手遅れという所まできていた






みなさん革命は計画的に

 

 

アイドルやスポーツ選手を応援するなら俺を応援してくれと思う貴殿へ

アイドルやスポーツ選手を応援するのはおかしい

何がおかしいかと言うと、恵まれた容姿、才能、教育環境を持ちながら、
応援されているのがおかしい


むしろそこまで恵まれているのだから応援の必要はあるのか、
応援が必要なのは恵まれない俺ではないのか


そう思う


小学校のマラソン大会を思い出して欲しい
最後尾のデブが応援されていた

「頑張れー!」
「もうちょっとだー!」
「もう少しー!」


人生の最後尾にいる俺になぜその声援を掛けてくれないのかわからない

 

 


そう思う貴殿へ

 

 


凄くわかる
言われて、たしかにと思ってしまった


むしろ俺も応援されてないわ、
おかしい!!
と、感じたほどだ


それから少し考えた
なぜ、応援されないのかを

どちらも最後尾にいるのに何が違うのか
それは、“いかに頑張っているか”ではないか

貴殿、そして私は、

 


圧倒的に頑張っていない

 

 


サボりまくってる

 

 


いくら最後尾にいたとしてもスマホをポチポチしながら、ちんたら歩いてるデブを応援するだろうか
いや、絶対しない

 

むしろ、
「早くしろデブ!」
「こっちは待ってんだよデブ!」
スマホしてんじゃねーよデブ!」
「走れデブ!」
などと罵声を浴びるに違いない

 

 


私たちは今、罵声を浴びてるデブ状態なのだ

 

 

いや、俺は頑張っている
頑張って走ってるデブと一緒だ
そう思う貴殿もいることだろう

 

 


それはまさに応援されないといけない

 

 

 

なぜ、応援されないのか
それは、応援する側の問題だ

 

 


想像して欲しい
別のクラスの喋ったこともないデブが、マラソン大会の練習で一人河原を走っていたら

 

 

どうするだろうか

 

 

 


私は無視する

 

 

 


ここで応援すると言った人は相当良い奴に違いない
日本国民で0.08%くらいしかいない最上位善人だ

 


普通は無視する
大抵の人は無視一択だ
だって喋ったこともないし、ただ学年が一緒なだけ

 

 

 

それでもマラソン大会当日は応援する

 

 


だって周りが応援してるし、
応援してないと冷たい奴って思われるかもしれないし、
場の空気が応援する流れだし

 

 

 

そう、一握りの良い奴以外は周りに影響されて応援しているのだ

 

 


人生の最後尾たる私たちに声援を掛けてくれる人はいるのだろうか
いや、恐らくはいる
0.08%くらいは
しかし、その少数精鋭で周りを応援させる空気を作れるだろうか

 

 

そんなくだらない事を考えて今日も眠れない

 

 

  家に帰ると、知らない箱が置いてあった。
  机がわりにしているダンボールの上にこじんまりと知らない箱が置いてある。
  ダンボールも箱だから、箱の上に箱が置いてあると言ってもいい。
  ただ、ダンボール箱は知っている。この部屋唯一の机にして、唯一の立方体。
  のはずが、立方体がもう一つ増えている。
  知らない箱だ。


猟奇的ゆとり虚言癖  第四話「箱」


  私はおもむろに箱を手に取った。
  手のひらに収まるくらいの大きさのそれは、表面は冷んやり冷たくザラザラともツルツルとも言えないなんとも微妙な質感をしていた。

  なにより開け口っぽいものが見当たらない。
  そして、箱の中が空洞になっているのかもわからない。
  空洞になっていなかった場合、この箱は箱と言えるのだろうか。
  私は机がわりのダンボール箱を開けて辞書を探した。
  このダンボールには潰れないように本がぎっしり詰まってる。
  その奥の方から国語辞典を取り出した。

 

 

【箱】
木や厚紙などを材料にして、物を入れておくために、各面を囲ったもの。 「弁当―」

 


  やはり箱には、物を入れるための空洞が絶対に必要だ。
  空洞がないと物を入れるそれの存在意義がなくなってしまう。
  つまり、箱たる能力を備えていないがために箱ではなくなってしまう。

  もしこの箱に空洞が存在しなければ、これは箱ではなく塊。
  何かの塊だ。

 

  しかし私はこれを持った時、塊ではなく箱という認識を強めた。

  それは、この箱の重さだ。
  質量に比べて明らかに軽い。
  どのくらい軽いかというと、たこ焼き一個ぶんくらいの重さしかない。
  どのたこ焼きかにもよるだろ、と思われるだろうから言うが、私のいつも食べてる銀だこのたこ焼き一個ぶんくらいの重さだ。

 

  他にもこの箱には気になる所がある。
表面の質感、これはコンクリートではないのか。
  しかしコンクリートだとしてこの重さと比例しない。
  なら中は絶対に空洞のはずだ。
  じゃあもうこれは箱でいいだろう。

 

  その時思った。


(なぜ、そこまで箱かどうかにこだわってるんだ)


  普通、部屋に見知らぬ箱があったら、侵入者を疑ったり、

開けようと破壊を試みたり、

もしくはもうどうでもよくなってほっとくなどが普通の反応な気がする。

 

  こんなにも箱かどうかが気になるってなんなんだ。

  そういえば、この部屋もこの箱と同じ立方体だ。


  箱の中に住んでいると言ってもいい。

 

  箱というものは自然界には存在しない。
  人為的に作られたものだ。
  そこに住んでいるせいか、自然な反応が出来なくなってきているのかもしれない。


  そうだ、部屋という箱の中にいるせいでおかしくなっているのかもしれない。

 

  もはや、この箱に囚われているのか、部屋という箱に囚われているのかわからない。

 

  そうだ、部屋を出れば良い。
  その時、まだこの箱が気になるのであれば、部屋ではなくこの箱に囚われていることを証明できるではないか。

 

  早速、箱を手に乗せ部屋を出た。

  ふと手に違和感を感じて視線を箱に向けた。


  箱から小人が出ていた。

  箱にはなんの穴もないのに、壁をすり抜けたかのように現れた。

  この奇妙な生物はなんなのか。
  小さい人間、いや、よく見るとそれは私だ。


  とても小さい私が、知らない箱から出現した。

  それだけではない。まじまじと私を観察すると小さい私も手のひらに知らない箱を乗せている。

 

  目を凝らして見ると、小さい私の手のひらに置いてある小さい知らない箱からも、さらに小さい私が乗っている。

 

  おそらく、さらに小さい私の手のひらにもさらに小さい知らない箱が乗っており、
さらにさらに小さい私も出現していて、
さらにさらに小さい箱がその手のひらに乗っている。

 

  瞬間的に背筋に悪寒が走った。

 

 

 

  私は空を見上げた。

 

2月26日AM12:00頃

昼ご飯に、彼女がハンバーグを作ってくれるようだ。
しかし、卵がないと喚きだした。
喚くだけならまだしも、横目でチラチラとこちらを見てくるではないか。
それが数分間続き耐えられなくなった私はついに重い腰をあげる。

「卵、買ってきてほしいの?」
「うん、あと私の生理用パンツもお願い」

(生理用パンツ?!)

「お願いね」
「...はい」

やむを得ず近くのスーパーに出かけるしかなくなった。
家から近くのスーパーは洋服屋さんが隣にあって例のブツ(生理用パンツ)も手に入れられる。
先に嫌なものから処理しようと洋服屋に入るものの生理用パンツがどこにあるのかわからない。
女性用の下着コーナーをしばらくウロウロして店員に奇怪な目で見られながらようやく、生理用パンツの陳列棚を見つけることができた。

やっと見つけた...いや、ここからが本番だ。
この中から彼女のお眼鏡に叶うブツを選ばなくてはならない。
できるだけ可愛らしいものはどれなのか。
そもそも生理用パンツというものに可愛さを求めるべきなのか。
わからない、全くわからない。
私は熟考に熟考を重ね、ある結論に達する。
あまりに可愛すぎるのもダメ、かといってあまりにババくさくなるのもダメだ。
ならば無難にグレーの綿素材、これだ。
私は、一筋の光が照らしているかに思えるグレーの綿素材であしらわれた生理用パンツを手にする。
それを強く握りしめ、レジへと向かった。
行く先が希望だと信じて。

レジは混んでいた。

並んでいる間、例のブツを握りしめひたすら恥辱に耐えるしかない。
そう、これは試練だ。
試練の先に幸福なる未来が待っている、そう信じるしかなかった。
恥辱を耐え、ようやくレジを済ませた私は刹那の如く帰宅した。

「買ってきたよ生理用パンツ」
「卵は?」 

「ワンピースを読んで」

 

 

5年1組        中之島 英行

 

 

僕は夏休みを有効活用して読書をしました


なぜなら先生に
「読書感想文を書いてこい」
と、なぜか命令口調で言われたからです
ほんとに謎です


店員さんがお客さんに命令口調を使うでしょうか?
見たことがありません


僕たち生徒はお客さんです
なぜなら僕たちがいないと、先生たちはお給料がもらえず、
ろとうに迷うからです


直接、僕たちが先生にお金を払ってはいません
でも、僕が大人になったら税を払います
未来のお客さんである僕に失礼だと思います
車屋さんも車を買うかもしれないお客さんに対して丁寧に接すると思います

ですから先生も税を払うかもしれない僕に対して丁寧に接するべきです

丁寧に接することができないのなら、ろとうに迷うべきです
生徒がいるから教師という職業があると思います
僕たち生徒がいないと先生たちは、
ろとうに迷います

仮に僕が怒って学校に行かなくて、
それがきっかけでみんな行かなかったらどうなるでしょう
学校は必要なくなり先生たちは、
ろとうに迷います

 

 

先生はすぐ、ろとうに迷います

 


そんな時、絶対に必要なのが航海士です
正確な道しるべを指し示してくれる航海士が、
ろとうに迷いやすい先生には絶対に必要です

それでも万が一、迷ってしまってもコックがいれば安心です
それに医者、その地の歴史を紐解いてくれる学者
それに航海に使う船を直してくれる船大工
音楽家もいたら楽しいと思います


つまり仲間がいれば、
ろとうに迷いやすい先生でも大冒険ができるのです


それを「ワンピース」が教えてくれました

 

仮に僕が先生に反発して学校に行かなかったら将来、
ろとうに迷うのは僕の方です

 

 

僕は、ろとうに迷いやすいです

 


そんな時、絶対に必要なのが航海士です
正確な道しるべを指し示してくれる航海士が、
ろとうに迷いやすい僕には絶対に必要です

それでも万が一、迷ってしまってもコックがいれば安心です
それに医者、その地の歴史を紐解いてくれる学者
それに航海に使う船を直してくれる船大工
音楽家もいたら楽しいと思います


つまり仲間がいれば、
ろとうに迷いやすい僕でも大冒険ができるのです

 


人生という大冒険ができるのです

 

 

初めまして、現世一の正直者です

中之島英行と申します。


これでもかという教養のなさが売りのスーパーフリーアルバイターです。


エイプリルフールに馬鹿正直に嘘をつく人って嘘つきなのか正直者なのか判断に困りますよね。


そんな時このブログを見て頂けたら、きっとあなたの未来が切り開けると思います。


僕が勝手に思います。信じてます。盲信してます。


こんなくだらない人間の戯言を聞いて頂ければ良いじゃん。



そんな感じで初めてブログを書きます。よろしくお願いします。