猟奇的ゆとり虚言癖

よくお前ほど普通の人はいないと言われます。

もしも、桃太郎が鬼の子だったらで解明された桃太郎の謎

先日、もしも、桃太郎が鬼の子だったらというブログを書きました。

hideyukinakanoshima.hatenablog.com

このブログで、あらゆる桃太郎の謎が解明された。と、個人的に思っています。

今回は、その解明された謎を明かしていきます。

 

1.なぜ桃から生まれたのか

本来、桃太郎という話は川から流れてきた桃を食べたお爺さんとお婆さんが若返り、枯れていた性欲がトトロの夢の木のように大きくなり、お爺さんのトウモロコシがお婆さんのマックロクロスケをトロットロにした結果、子供として桃太郎が生まれたという設定です。

しかし、これは流石にR18なので現在の桃太郎になりました。

改変したのはいいが、なぜ桃から生まれたのかという理由は「そういう話だから」という詰まらない大人の意見で言及されず謎のままになっていました。そんなんだからトトロが見えないんです。

そこで鬼が自らの子を、桃に詰めたということにしました。

なんで桃だったのか、桃じゃなきゃダメだったのか、普通にお爺さんとお婆さんの家の前に置いておけば良いんじゃないか、という意見に関しては「そういう話だから」という最強の一言で処理することとします。これが大人です。

 

2.すくすく育ちすぎ

桃太郎はすくすく育つ。それはテレビの収録でいう"巻き"というやつで、早く物語を進めないと他の役者やスタッフが帰れなくなってしまいます。

その為、育つ過程とかは出来るだけ巻いて収録してたのです。

そこで鬼の子であれば人間より早く成長しても「鬼ってそういうとこあるから」とい言えば良い話でとても都合が良い。

今作で桃太郎は3年程で平均的な成人男性と変わらない体型にまで成長しています。

 

3.お婆さんがきびだんごしかくれない

もっといっぱいくれても良いのに。

せめて、カロリーメイトや水、キャンプ道具などを持たせてやれば良いのにと思います。

何にしてもきびだんごだけは流石に酷すぎる。

これは、お婆さんが完全にボケていたということに他なりません。

それを知っていた桃太郎はお婆さんが作ったきびだんごを捨てています。

桃太郎もちょっと酷い。

 

4.お爺さんとお婆さんの家に桃太郎にぴったりの鎧と刀がある

こんな都合のいいことがあるだろうか。

戦った経験もない息子が急に鬼退治に行くと言い出して、背負わせる旗に「日本一」なんてお爺さんとお婆さんが書くだろうか。

鬼ヶ島へ行く舟はどこで調達したのか。

全ての疑問がお爺さんが鬼と入れ替わっていたということで説明がつきます。

お婆さんはボケていて、お爺さんの見た目が完全に化け物になっていることに気づきません。

鬼退治に必要な道具は全てお爺さんに成り代わった鬼にによって調達されたのです。

 

5.家来が犬、猿、キジ

桃太郎には金もコネもない。あるのはきびだんご。それで雇えるのは、犬と猿とキジくらいです。きびだんごで人間を雇おうもんなら倫理団体が黙っていません。

じゃあ最初から金渡しとけよという話ですが、金で人間を雇って鬼退治するというのはもはや組織のやり方で、桃太郎にマフィアのボス感が出てしまいます。

そこで、苦し紛れに動物を家来にしちゃえということだと思いますが、犬猿の仲といわれる犬と猿がいるのはどういうことでしょう。

喧嘩して鬼退治どころではなくなります。

そこで式神として犬、猿、キジを召喚しました。式神なので喧嘩とかはしないし、きびだんご一つで命がけの仕事を強いて労働基準法に違反することもありません。

もちろん式神というのは人間たちには内緒の話で、きびだんごで雇ったことにしたのでしょう。

 

6.人間が鬼と戦わない

元の話では、桃太郎がすくすく育つまで、人間と鬼との争いの描写がありません。

鬼は鬼ヶ島に篭っており、時々、村に悪さをしにくるが、なぜそんな「小さな悪」に留まっているのか。

人間を奴隷にして世界を乗っ取ればいいのに。

そこで、導き出される答えは、鬼がそこまで悪い奴ではない、もしくは、人間の方が数が多く、戦力的に不利な立場にいることが考えられます。

小さな村の作物を荒らさなければならないほど疲弊していたのです。

これは桃太郎が持ち帰った財宝が、荷車に全て乗るくらい少なかったことからも推測できます。

 

7.桃太郎が強すぎる

犬、猿、キジが鬼に勝てるとは到底思えず、鬼ヶ島での戦いは桃太郎1人vs鬼全員と考えた方が良い。これは明らかに人間の力を超えています。

私はこの戦い自体が、最初から仕組まれていたとしか思えません。

人間に鬼は滅ぼされたと思わせて、その実、桃太郎が鬼の子孫を反映させていくというシナリオを鬼が描いていたならば納得がいきます。

桃太郎の見た目が、鬼まる出しならバレるじゃないかと思われるでしょう。桃太郎はかなり人間である母親似だったのです。

 

 

いかがだったでしょうか。これが桃太郎の全てでございます。色々突っ込みどころがあると思いますがこれは「こういう話だから」で全て対処したいと思います。それではまた。

もしも、桃太郎が鬼の子だったら

むかし、むかし、世界は鬼たちが支配していました。

しかし人間が鬼を殺しまくり、鬼は絶滅危惧種並みのピンチに陥りました。

そんな絶体絶命鬼ヶ島では、鬼の親分と人間との間に赤ちゃんが生まれました。

禁断の愛で生まれた奇跡の子供。

鬼の親分は、何を思ったか赤ちゃんを桃に詰めると、川へ流そうとしました。

この子供に鬼の未来を託そうと想いを込めて。

しかし、赤ちゃんが入った巨大な桃は重くて全く水に浮かず、川の底で微動だにしませんでした。

親分は、仕方なく川に入り桃を持ち上げました。

まるで川に流されているように抑揚をつけながら

 

どんぶらこ、どんぶらこ

 

と桃を運びました。

赤ちゃんが入った桃は、ある村の老婆に拾われました。

側から見ていると、川に入った鬼が老婆に巨大な桃を渡している様にしか見えませんが、老婆は自身の腕力のみで桃を川から拾い上げたと思い込めるほどに老いていました。

老婆はその桃を食そうと推定30kgほどある桃を、気合いと、根性と、貧困に対する積年の恨みで、なんとか自宅まで持ち帰りました。

運ぶ時に、親分が桃の反対側を持っていたことも大きな支えになりました。

 

家につき、桃を切ろうと包丁を手にした老婆が、流石にずっといる鬼の親分の存在に気がつきました。

 

「お爺さんや、芝刈りはおわったんかね」

 

「あぁ、終わったよ」

 

それを聞き、老婆は先ほど巨大な桃が川上から流れてきたこと、その桃が推定30kgはあったが結構楽勝で持ってこれたことなどを親分に話しました。

老婆が話しながら桃を切り分けていると、中から赤ちゃんが出てきました。

しかし老婆は、自身の筋力がまだまだ衰えていないという話に夢中で赤ちゃんに気がつかず、包丁を側頭部に打ち込みました。

 

赤ちゃんは

 

「マジ、やっちゃっていいっスか?」

 

と側頭部に包丁が刺さったまま親分に聞きましたが、なんとか抑えました。

老婆は赤ちゃんが桃から生まれてきたと思い、桃太郎と名付けました。

 

その頃、鬼ヶ島では人間との血で血を洗う戦いが始まろうとしていました。

 

桃太郎はすくすく育ち、3年ほどで身長178㎝、体重83kgの筋肉の塊になりました。

その筋肉の塊が言いました。

 

「鬼退治?ガチやっちゃう感じなんで」

 

桃太郎は老婆の作ったきびだんごと鬼の親分が用意した最高の鎧と刀を持って旅に出ました。

桃太郎は犬、猿、キジの式神を召喚しお供にしました。

 

きびだんごは道中で捨てました。

 

桃太郎が鬼ヶ島たどり着くと、周りの海は血で真っ赤に染まり、鬼と人間の死体が重なりあって岩肌を覆い尽くし、波が死体にぶつかり海へ誘い込もうとしていました。

洞窟の奥では、鬼が一匹で奮戦しており、人間たちに金棒を振り下ろしていました。

それも長くは持たないと悟った鬼は、金棒を手から離し、不敵な笑みを浮かべました。

人間たちが鬼にとどめを刺そうと、刀を持つ手に力を入れたその時でした。

背中から貫通した刀がまるで腹部から生えたかの様に現れました。

人間はそのまま崩れ落ち、その後ろには桃太郎が立っていました。

 

「若、待っていましたぞ」

 

鬼はそう言うと、その場に倒れこみました。

 

「ありがとう」

 

桃太郎は鬼を抱え、静かに短刀を心臓に刺しました。

そして、周りを囲んでいる人間たちを皆殺しにました。

 

その後、桃太郎は人々に鬼ヶ島から生き延びた英雄として讃え称され、持ち帰った財宝で村を豊かにし、国を作りました。

山ではお爺さんの首が発見されました。

 

おしまい。

大富豪(大貧民)革命〜時代に生きた者たちの戦い〜

革命、それは選ばれし者だけが行える絶対的価値観のパラドックス

それは、弱者に恵みの雨をもたらし、強者の足元をすくう。

この世において、勝つ為に、壊す為に、魅せる為に、今こそ革命の時である。

 

革命    ☆

通常の革命。主に弱者が起こすクーデターであり、生き残る唯一の道。これにより国の地位はがらりと変わるであろう。

 

革命返し    ☆☆

弱者が死にものぐるいで起こしたクーデターを、強者が捻り潰す。それが革命返し。絶対的固定概念を元に戻し、民衆の暴挙を許さない。強者は我であるという強い思いがそこにはある。

 

紀元前革命    ☆☆☆

初手に革命を起こし、まだ文明が構築されていない状態で価値観を逆転させる。神の御技であり、強者に生まれる筈だった者が、靴を舐める時代となる。

 

過ぎ去る者の思い    ☆☆☆

必要のない革命を起こし国を去る。それは気まぐれか、はたまたある者を救う為か、彼が残した思いに感涙するか苦渋舐めるかはあなた次第である。

 

吟遊詩人の歌風    ☆☆☆☆

8が4枚揃うことにより、その革命に手だしすることは誰もできない。

それは果たして革命だったのか。

まさに神の息吹とも言える刹那に時代変革を終える最速にして最強の革命と言えよう。

 

ダブルジョーカー    ☆☆☆

ジョーカー2枚を革命に使う絶対的強者のメテオストライク。

主にジョーカーを使わずして勝てる強者の遊びで行使されることが多い。

周りの国民は憧れのジョーカーがこんな形で使われることに怒りと落胆、そして敬服と失望、色々な感情が混ぜ合わさり「は?」としか言えなくなる。

 

リアルジョーカー    ☆☆☆☆☆☆

その者は、闇に潜む。4枚のカードのうち1枚は偽物であるが、彼の指がカードを流し、誰にも気付かせない。それは冷酷な暗殺者。王の首を掻っ切り、王冠を手にする。それと引き換えに、普通に友達を無くす。

最終的にセミナーを進める記事は爆発しろ

「もはや日記とかそういう次元ではない」

このブログを読んで衝撃を受けました。

ブログというものをまるっきり読まない私にとって、ブログというのは、芸能人が日々の生活を綴ったり、飼ってる犬や猫の写真を載せるものだとばっかり思っていました。

ブログというのはこんなフリースタイルで暴れまわって良いものだったのかと今までの固定概念が完全に砕け散り

私も、私も混ぜてくれ!

そんな思いでブログを始めました。

書いてみると如何に自分の文章力が低レベルなのかを思い知らされます。絶賛思い知らされ中です。

そして、面白いブログを探し回るようになりました。

特に目当てのブログを見つけた時はこんな文章を書ける人がいるのか、と感動と嫉妬と惨めさと切なさと心強さをいつも感じています。

そんなブログを見つけるために

 

「文章力  ブログ」

 

と検索しました。

すると、「文章力が凄いブログ」が出てくる訳ではなく、「文章力が凄いブログを書けるになりますよ」といった趣旨の記事ばかり出てきます。

これに関しては私の検索能力が著しく低い為に生まれた結果ですので、ただ自分を責め、悔やみ、その夜は枕を濡らすことにします。

仕方なく、私はその「文章力が凄いブログを書けるようになりますよ」といった趣旨の記事を開くと、タイトルに数字を入れろだとか、とにかく読めとか、書けとか、顧客ニーズを意識しろとか、そんな内容を見て

 

「私は心底勉強が嫌いだ」

 

そういう思いにふけこみ、自身の堕落さに落胆し失望し涙し、そして何も考えられなくなり蝉の抜け殻の様にただその場で朽ちるのを待つだけの存在となります。

その記事は、私の砕け散ったはずの固定概念をジグソーパズルの様に修復させ、そこにはただ「つまらない」の5文字が書いてあり、それ以外何もないただの灰色の空間だけが私を支配し、何もする気が起きない私にセミナーを進めてきます。

こんなにつまらないことが世の中にあるのでしょうか。

私はただ無になり、此処にいるより刑務所に入った方が面白いのではないかと現実逃避の最終地点に到達します。

そしてこのセミナーは刑務所のそれなのではと思い込み、このセミナーに参加すれば少なくとも今を変えられるのではないかと自ら混乱の渦に飛び込むことでそこに少しの安堵感を覚え、まだ死ぬ必要は無いのではないかといつの間にか自殺を前提として考えをまとめていることに気づいたところで、私の生存本能が急激に沸き立ち、

深夜、自室のアパートにて叫びます。

 

 

「こんな記事爆発しろ!!」

人間としての尊厳を同時に捨てる、ポイ捨て5種

f:id:hideyukinakanoshima:20171011145132j:plain

皆さんはポイ捨てを知っているだろうか。

ゴミをポイっと地面に捨てる残虐極まりない行為である。

ポイ捨てされたゴミは誰かが代わりに拾って罪を被るか、動物が間違って飲み込んで死に至るか、地球の汚染に繋がるかは想像に容易い。

その罪の意識が余に過小評価されている様に思う。

もう個人的に死体遺棄罪と同等で三年以下の懲役に処せられて欲しい。

自らが出したゴミ。それの始末をつけない。

そんな奴に限って「男として」とか「筋を通せ」とか言っている。

これに関しては私の完全なる偏見である。

そんなポイ捨てを5つ紹介しようと思う。

 

ポイ捨て

その場にゴミを素早く捨てる所作。

とにかく自分がゴミを持っているのが苦痛であり、その自由気ままさは別のベクトルに向かえばクレイジージャーニーへの可能性すら感じさせる。

財布とケータイをジーンズにねじ込み、常に両手はフリーでありたいというストリートファイトへの強い警戒心を持ち合わせている。

その割に、指やら腕やら首やらにジャラジャラと付けているゴミは捨てないという矛盾を体現している存在。

 

車体隠し

自らが運転する車の側面という死角に設置し、その場を後にする完全犯罪。

その自然な動作は、忍者が罠を仕掛ける様に似ている。

車体隠し使いは主にマクドナルドの駐車場に生息し、罪の意識はありつつも、何としても車内にゴミを置きたくないという潔癖を持ち合わせている。

しかし何故か車内は汚いという精神構造が崩壊した化け物である。

 

ゴミ箱 not リバウンド

ゴミ箱をゴールに見立ててシュートを決めようとするが外してしまい、そのまま放置するというゲーム性あふれるポイ捨てプレーヤー。

ノーコンであり自信過剰。

群れで行動する習性を持ち、ゴミが入るか入らないかで盛り上がりが変わる。年齢層は低いが精神年齢層はもっと低いという底辺を超越した存在。

 

ゴミ箱 on the TOP

ゴミ箱が満杯になっていた時に蓋の上、または周辺に置き、ゴミを捨てたと自らに思い込ませることで罪の意識を消滅させるマインド系ポイ捨てプレーヤー。

主に繁華街に生息する為、繁華街のゴミ箱はon the TOPされ放題であり、ゴミ箱を中心とするゴミ山が形成されることも珍しくない。

 

チャリカゴ罪逃れ

他人の自転車のカゴをゴミ箱代わりにするポイ捨て界の異端児。

今までのポイ捨てプレーヤーとは違い、他人をおとしめてでも自分が楽をしたいという確固たる決意がみなぎり、尚且つポイ捨てという罪も被る意思はない。

この自転車の持ち主はポイ捨てという罪を被るか、そのゴミを持ち帰るか二つに一つである。

私がこれをやられた場合、思いっきりその場に投げ捨てる。

これをゴミ箱に捨てて、この卑劣な凶悪犯の罪を帳消しにしてしまうくらいなら同罪となって地獄に連れていってやるという意思を込めて地面に投げ捨てるのである。

人狼ゲームで最も難しい役職、「人狼」の勤め方

基本的に村側、人狼側に分かれる人狼ゲームというのは、どちらの陣営かによって全くの別ゲームになります。

村側の役職というのは推理ゲーム。

そして人狼側は人を騙すゲームになります。

推理ゲームは得意でも嘘をつくのは苦手という人に、人狼をになった時どう動いていいのかを解説していきます。

 

人狼は個人じゃ勝てない

人狼がうまい人は必ずチームプレーで村側を追い詰めます。

そのチームの基本的な役割はこうなっています。

 

1.騙り

騙り役の人狼は、占い師、もしくは霊媒師として名乗り出ます。

何もできずに吊られてしまうくらいなら騙って吊られた方がよっぽど良いです。

なので、もしあまり人狼に自信がなかったり、他に人狼が上手そうな仲間がいる場合は積極的に騙りに行きましょう。

 

2.回し

回しという言い方であってるかは分かりませんが、場を仕切る役割です。

これは村の方針を決めたり、提案をして村の流れを作る役割です。

この回しが人狼側だった時、かなりの村人を誘導できます。

騙りと同時にできる役割でもありますが、かなり難易度が高く、途中で吊られてしまう事が多いです。

吊られるまでに村の流れを人狼優位にするのが仕事です。

霊媒師が生きている場合、吊られる前にあえて仲間と敵対する身内切りがとても効果的です。

 

3.LW(ラストウルフ)

最後まで絶対に吊られてはいけない人狼です。

この人狼を生き残すために、騙りや回しが存在し、犠牲になります。

なのでLWは誰もに村人だと思われる必要があります。

ラストウルフの仕事は推理することです。

もちろん、村人たちの様に推理するのではなく、自分が生き残る為に誰を人狼に仕立て上げるか、という推理です。

仕立て上げた人狼を吊ったら次は別の人を仕立て上げる、そうやってストーリーを作っていきます。

時に仲間の人狼をかばい、時に見捨てる、そして誰よりも村のために推理しているように見せる。

ただ黙って目立たないようにしているだけでは、すぐ吊られてしまいます。

 

人狼は攻めないと勝てない

人狼を引いた時、吊られないように、占われないように身を潜めることに徹する人がいます。

はい私です。

しかし、完全に逆効果だということを知ってください。

びくびくして喋らない、気配を消してる、推理してない人は村人だとしても役に立たないため吊られる危険が高まります。

そして何もできないまま吊られてしまいます。

なので初心者は自分ルールを決めておいた方が良いかもしれません。

私の自分ルールは

1.少しでも疑われたら騙る
2.釣り候補として立たされたら騙る
3.占われそうな位置だと思ったら騙る
4.絶対に疑う人を作る
5.身内切りする場合、自分が完全に人狼判定される前にしておく
6.仲間の役割を把握する(誰がLWかを把握する)
7.守りに入らない

といった事をあらかじめ決めています。

はい、基本的に騙りになる場合がほとんどです。

私は嘘が下手糞なので、疑われてはいけないLWは苦手なのです。

そして7番の守りに入らないというのは、自分の命をただの沈黙のために使わない、ということです。

吊られそうなら騙る。

もしくは吊らずに占えと言う。

自分は村にとって絶対に有益になるというアピールを欠かさない。

どうしても吊られるなら喋り倒して時間を無駄に使わせる。

あがきにあがく。

これが私の人狼です。

 

人狼は正解を作らないと勝てない

人狼が最初にやること。それは仲間の確認です。

ここで、自分なりの予想を立てます。

あの人はどう動くかな、自分はどう動けばいいかな。

不安です。きっと仲間の人狼も不安でしょう。しかし、あらかじめ自分ルールを作っておき、ここで人狼陣営の動きを予想することであなたは人狼の戦力として戦えます。

村人にとってはヒントが少なく利益のない初日は、人狼にとって仲間の役割をなんとなく把握する日になります。

騙りに出たり、場を回したり、ある人を疑ってみたり、逆に擁護することでストーリーの最初の部分を作っていきます。

人狼は初日か二日目には全員に役割がある状態にしておくのが好ましいです。

なにも役割を持てない人はLW扱いになりますが、本人にその自覚がないと、途中何もできずに吊られてしまうことが多いです。

そして、騙り、回し、LWの連携で正解とは違ったストーリーを作り出し、それを村人に信じさせる。

 村陣営には明確な正解がありますが、人狼陣営には正解はありません。

正解は自分たちで作るのです。

 

最後に

人狼が上手くなる一番の方法は、経験です。

人狼を引いてプレイできた数だけ上手になると思います。

そして、絶対に守ってほしいのは口調が熱くなっても、頭は冷静になっていて欲しいということ。

 私はここぞという時に熱く喋ります。チャンスかピンチの時です。

それはゲームを面白くするためであって誰かを傷つけるためではありません。

誰かを傷つける発言は人狼ゲームの禁止行為です。

もし傷つけてしまった場合はちゃんと謝りましょう。熱く。

メレンゲの気持ち

この世に、生まれるはずだった。どこで間違えたのだろう。

いや、最初から決まっていたことなのかもしれない。

 

私が意識を持ったのは奇跡としか言いようがない。この世に生まれる前から私は、私がここに存在していることをはっきりと認識していた。

無骨な手が、まだ孵化してない私を取り上げた。私の仲間たちも次々とその手の中に収まる。綺麗に並べられた私たちは次の目的地に向かうようだった。

 

彼女は陳列された私を見つめていた。綺麗な人だった。私は初めての恋をした。

だから、彼女に貰われて幸せの絶頂にいたのだ。

彼女は結婚していて、それは左手の指輪が示していた。

しかし、それでも構わない。たとえ叶わなくとも、この恋心に嘘はないと心に誓った。

彼女に連れられ玄関を抜けると、ふわっといい香りがする。ここが彼女の家か。

所々に飾ってある写真から仲睦まじい夫婦の関係が伝わってきて、なんだか彼女に恋をしているはずの私まで二人の幸せを祝福したくなる。ここは天国より天国のようだ。

彼女は手を洗うとエプロンをつけた。

どうやら料理をするようだ。きっと旦那さんに食べさせてあげるのだろう。

旦那さんが羨ましい。こんな綺麗で優しいお嫁さんがいて。

彼女はビニール袋から私を取り出し、手のひらで持ち上げる。

彼女の手はとてもあったかい。このまま幸せに包まれて、イタイッ

不意に側頭部に衝撃を受ける。

 

な、なんだ...!?

 

私が混乱の中、目にしたのは彼女の微笑み。

 

ガン

 

さらなる追随で私の側頭部は完全にヒビ割れ、さらに指を突っ込まれ私の中身がでろんっとでてくる。

 

痛いッ、やめてくれ、なんでこんなこと...!!!

 

さっきまでの優しい笑顔が、悪魔の冷笑に見える。

ただプルプルと震えることしかできない私に、悪魔は無情にも素手で黄身と白身を引き剥がしにかかる。

 

ギィィィあァァぁぁあぁあ嗚呼アァあッッ!!!!

 

絶叫、阿鼻叫喚、咆哮。

今まで経験したことのない痛みに、全身が打ち震える。

未だ嘗てこんな残酷な仕打ちができる動物がいただろうか。

いるとするなら、それは人間だけだ。

 

悪魔がにんまりと私を見つめる。

手にしていたのは、どう見ても拷問器具。

殺されるより最悪が、ここにはあった。

 

キュイイイン、キュイイイン

 

けたたましく回転する2つのサイクロンが私に迫る。

内臓や脳みそをぐちゃぐちゃにする想像に容易い醜悪なる器具。

その粘り気の多い狂気が私をかき回そうとするのか、彼女はただ普通に殺すことに飽き飽きしている。

悪魔など生ぬるい。

この世の全ての憎悪と快楽の塊。

それが彼女である、

 

 

                                       ーー土曜12:00より放送